メディカル人材バンクを導入した事例

導入により書類選考への時間が大幅に短縮!求めていた専門性の高い人材へのアプローチが簡単になりました

岩城製薬株式会社 管理部管理課

杉田 信行 様

  • 効率化
  • 内定率UP
  • マッチ度UP
  • 経費削減

今回は、医薬品メーカーである岩城製薬株式会社 管理部管理課 杉田信行様にメディカル人材バンク導入後の事例をお伺いして、導入前の課題から導入後のメリットなどをお話していただきました。

メディカル人材バンクを導入した理由

今までは一般的な求人媒体に広告を出して中途採用の募集を行なっていました。 広告を出せば応募はあるのですが、採用に関わるメンバーが少なく書類選考の管理だけでも大幅な時間を割いているので応募者への積極的な働き掛けができていませんでした。

我々が望む専門性の高い人材と出会う方法やルーティン業務を効率化する方法を探していたので、採用管理システムの導入を検討していました。

メディカル人材バンク導入後の成果

課題01
一般的な求人広告に募集を出すも専門的な人材になかなか会えない

解決01

自分たちが望むような専門性の高い人材を絞り込むことができました

一般的な求人広告で募集を行っていると、どうしてもこちらが望んでいる製薬業界に特化した人材から効率よくご応募いただくのが難しいです。業界経験の有無を問わず幅広い人材をみることはできますが、専門性の高い人材のみという訳にいきません。メディカル人材バンクを利用することであらかじめ希望する人物像に絞ることができるので、専門性の高い人材に効率よく出会うことができます。

課題02
書類選考だけでも大幅な時間がかかってしまう

解決02

事前に製薬業界の人材のみに募集を絞れるので書類選考にかかっていた時間が大きく軽減しました

一般の求人サイトですと業界経験の有無を問わず多数ご応募があり、選考に大幅に時間がかかってしまいます。
少数の人員で採用管理をするため、業務の効率化を必要としていました。応募管理・日程調整なども一元管理できるツールなのでスピーディーな運用が実現しました。

課題03
マンパワー不足で受け身の採用活動

解決03

今後は、工場や研究所でも閲覧できる複数アカウント機能や掲示板を利用したいと思います

メディカル人材バンクを導入前は、マンパワー不足でどうしても応募者への積極的な働き掛けが十分ではないという課題がありました。
そういった課題を解決できる機能の紹介を受けましたので、今後利用してみたいと思います。

企業担当者の声

採用管理システムを導入して圧倒的な効率化が図れたので今後もメディカル人材バンクの利用を続けたいと考えています

メディカル人材バンク担当者の声

メディカル人材バンクでは、ゲストアカウント機能を利用することで複数拠点での利用が可能となっております。
また、岩城製薬株式会社様が今後ご希望とする面接官同士のフィードバック機能「掲示板」や多数の候補者の履歴書など面接後の一元管理機能「共有フォルダ」が利用可能となっております。

他部門に渡る面接者フィードバックや多数候補者レジュメを 「掲示板」や「共有フォルダ」で一元管理できる!

企業情報

企業名 岩城製薬株式会社
設立 1948年9月24日
代表者 代表取締役社長 伊藤龍雄
事業内容 医療用医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品、原薬、医薬中間体、食品添加物、化粧品原料、情報記録材料用薬品、染・顔料中間体の製造ならびに販売
事業所
本社
〒103-8434 東京都中央区日本橋小網町19-8 IW日本橋ビル
静岡工場
〒437-1423 静岡県掛川市浜川新田1700
蒲田工場
〒144-0033 東京都大田区東糀谷1-15-11
研究所
〒144-0033 東京都大田区東糀谷1-15-11
従業員数 約297名
企業ホームページ https://www.iwakiseiyaku.co.jp/

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-6206-8390

受付時間:10時〜20時 月〜金(土日祝日除く)

導入のご相談はこちら